妊娠3か月だけど結婚式前に歯のホワイトニングは無理?

妊婦がホワイトニングをできないのはなぜ?

 

結婚式に真っ白なキレイな歯で臨みたい

 

最近では、エステやネイルと同じ感覚でブライダルホワイトニングを行う人が増えています。

 

白のウェディングドレスにほほ笑んだ口元には黄ばんだ歯・・・( ̄▽ ̄;)

 

あとで写真や動画を見て、後悔を残すことはしたくないですよね。

 

でも、結婚式前に妊娠していたら・・・

 

残念ながら、ホワイトニング(歯科医院)を受けることはできません。

 

妊娠中のホワイトニングがNGの理由

ホワイトニングには、「過酸化水素」や「過酸化尿素」という強い薬剤が使用されます。

 

これが、赤ちゃんによくない影響を及ぼす可能性があるために、妊娠中のホワイトニングはタブーとなっています。

 

過酸化水素とは、殺菌剤や漂白剤に使われている薬剤で、身近なところでは、消毒薬のオキシドールや医療用の漂白剤に使われています。

 

ただし、過酸化水素や過酸化尿素は、米国食品医薬品局(FDA)やさまざまな研究機関によって、人体への安全性は保障されています。

 

が、それは普通の身体の場合です。

 

妊娠は病気ではありませんが、決して普通の状態ではありません。

 

ホワイトニングに使用される薬剤が、おなかの赤ちゃんにどのような影響を及ぼすかはまだ立証されていませんが、妊娠中は身心共に敏感になっていて、何が起きるかはわかりません。

 

万が一、何か起こった時に「もしかしてホワイトニングのせい・・・?」と結びつけてしまいやすいので、少しでもリスクの可能性があることはやめておいた方がいいでしょう。

妊娠中でもどうしてもホワイトニングをしたい場合はどうする?

そうはいっても、どうしても白い歯で結婚式を挙げたい

 

その場合には、ホワイトニング効果のある歯磨き粉をオススメします。

 

成分にさえ気をつければ、妊娠中にホワイトニング歯磨き粉を使うことはできます。

では、妊娠中にオススメのホワイトニング歯磨き粉と、逆に使わない方がいいのはどんなホワイトニング歯磨き粉なのかを解説します。

 

妊娠中に避けたいホワイトニング歯磨き粉

過酸化水素や過酸化尿素入りのホワイトニング歯磨き粉
妊婦さんにとって好ましくない成分は、先ほど挙げた過酸化水素と過酸化尿素です。

 

日本では、薬機法で禁じられているために、過酸化水素や過酸化尿素入りのホワイトニング歯磨き粉は販売されていませんが、個人輸入で簡単に入手することができます。

 

でも、出産・断乳後までは購入しないようにしましょう。

 

研磨剤りのホワイトニング歯磨き粉
研磨剤は、歯の表面を削って汚れを落とすために、エナメル質を傷つける可能性があります。

 

歯の表面が削れると

  1. 知覚過敏
  2. 虫歯菌が侵入しやすくなる
  3. 歯の黄ばみの原因になる

研磨剤入りのホワイトニング歯磨き粉には、こうしたデメリットがあるので、妊婦さんでなくても使用は控えた方がいいといえます。

 

そうでなくても、妊娠中は虫歯になりやすくなっています。

 

妊婦が虫歯になりやすい理由

つわりの影響で歯磨きがおろそかになる
つわりの症状がひどい場合、歯ブラシを口の中に入れるだけで吐き気を催すことがあります。

 

そのため、ブラッシングがおろそかになり、磨き残しが増えることから虫歯になりやすいといわれています。

 

唾液が減る
唾液は口内環境をコントロールする大切な役割がありますが、妊娠で唾液の分泌量が減ると、口内が乾燥しやすく、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。

 

免疫力の低下
妊娠中は免疫力が低下しやすい状態になっていますが、口の中も例外ではありません。

 

免疫力が下がると、虫歯菌や歯周病菌に対する抵抗力も落ちて、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。

 

唾液による酸の中和力が低下する
唾液は本来弱アルカリ性で、食事によって酸性に傾いた口内を中和する作用がありますが、妊娠で唾液の量が減ると、中和する作用が衰え、口内が酸性のままになりやすく、虫歯になりやすい状態になります。

 

このように、妊娠中の口の中は、さまざまなトラブルが起こりやすい状態になっています。

 

例えば、重度の歯周病は早産のリスクが高くなるということが最近の研究でわかっています。

 

また、虫歯があると出産後、唾液を介して赤ちゃんに虫歯菌が感染するといわれています。

 

ですから、妊娠中の歯のケアはとても大切です。もし、歯を白くしたいと思うならば、ホワイトニング歯磨き粉選びも注意が必要になります。

 

では、妊娠中にはどんなホワイトニング歯磨き粉がよいのでしょうか。

妊娠中でも安心して使えるホワイトニング歯磨き粉

妊娠中は、いつも以上に歯の健康に気をつけるべき時期なので、こんなホワイトニング歯磨き粉がオススメです。

  • 安全に歯を白くする成分を配合
  • 虫歯や歯周病の予防効果がある
  • 無添加・研磨剤・発泡剤フリー

上記の条件を満たしているホワイトニング歯磨き粉を紹介します。

 

はははのは

分類 日本製・研磨剤・発泡剤・漂白剤・着色料・パラベン・合成界面活性剤フリー
内容量 30g
通常価格 3,500円
定期コース

1,980円
2回目以降2,980円
送料無料
返金保証10日間

はははのはは、無添加のオーガニック歯磨き粉で、10種類の完全無農薬オーガニック成分が歯の汚れを落としてくれます。

 

歯を白くする/口臭対策/虫歯・歯石予防の効果が期待できます。

 

こだわりの成分と優しいハッカ味で、妊婦さんでも安心して使えます。また、ホワイトニング歯磨き粉では珍しい返金保証が付いています。

 

 

 

ちゅらトゥースホワイトニング

 

分類 日本製・医薬部外品・研磨剤・発泡剤フリー
内容量 30g
通常価格 5,980円
定期コース

初回3,980円
2回目以降4,980円
送料無料
ワンタフトブラシプレゼント

ちゅらトゥースホワイトニングは、厚生労働省認定の医薬部外品

 

歯を白くする/口臭予防/虫歯予防/歯周炎・歯肉炎予防/口内を爽快にする働きがあり、これ1本でオーラルケアができます。

 

フルーティーでスッキリとした磨き心地です。

 

 

 

>>さらにオススメのホワイトニング歯磨き粉を見る

 

妊娠中から産後にかけて最適なホワイトニング歯磨き粉

自宅でケアできるホワイトニング歯磨き粉は、身重で結婚式を控え、心身ともに大変な時期の女性に最適なアイテムといえます。

 

出産・授乳期を過ぎれば、歯科医院で本格的なホワイトニングを受けることも可能になります。それまでは、ホワイトニング歯磨き粉でケアをして、結婚式から出産をまでを乗り切りませんか。

 

また、ホワイトニング歯磨き粉は、歯科医院でのホワイトニングを受けた後のメンテナンスにも最適です。