研磨剤入りのホワイトニング歯磨き粉は危険?

研磨剤入りのホワイトニング歯磨き粉は危険?

 

研磨剤は、その名の通り、歯の表面を研磨して汚れを落とす成分で、市販のホワイトニング歯磨き粉のほとんどに配合されています。

 

でも、ネット上には研磨剤のデメリットや危険性を指摘する記事が多くあります。

 

実際、研磨剤は危険なのでしょうか?そして、どのようなデメリットがあるのでしょうか?ホワイトニング歯磨き粉の選びに失敗しないためにも、研磨剤についての情報を集めてみました。

 

研磨剤は以下のような成分があります。

  • 含水ケイ酸
  • 無水ケイ酸
  • 酸化チタン
  • 重質炭酸カルシウム
  • シリカ
  • リン酸水素カルシウム
  • 水酸化アルミニウム

上記の成分名があるホワイトニング歯磨き粉は、研磨剤入りということになりますが、実際には、「研磨剤」ではなく「清掃剤」という表記になっています。

 

研磨剤は読んで字のごとく歯の表面を削って汚れを落とします。

 

そのため、エナメル質が傷つきやすく、「知覚過敏」「歯の光沢が失われる」「虫歯菌が侵入しやすくなる」といったリスクがある上に、傷ついた部分にステインが付着すると、簡単には取れずに、かえって歯の黄ばみを悪化させるといわれています。

では、本当に研磨剤は危険でよくない成分なのでしょうか?

 


日本歯磨工業会(JDMA)には、「清掃剤は歯の表面を傷つけずに、歯垢やステインなど歯の表面の汚れを落とす」と書かれています。

 

その一方で、歯医者さんのブログをいろいろと読んでみると、研磨剤入りの歯磨き粉のデメリットを訴えている先生が数多く見受けられました。

 

でも、低研磨の歯磨き粉なら問題なしという意見もありました。

 

低研磨とはどの程度の研磨剤でしょうか。

 

研磨剤は種類によって粒子の大きさや硬さが違いますが、低研磨の製品を選びたくても、実際には粒子の大きさや硬さまでは公開されていないので選びようがありません。

 

ここで1つの目安になるのは、肉眼で見てわかるくらいのつぶつぶが入っていたり、舌触りがざらざらしている歯磨き粉には、粒子の粗い研磨剤が使われている可能性が大なので、避けるようにした方がいいでしょう。

 

特に市販の安いホワイトニング歯磨き粉には、粒子の粗い研磨剤が使用されていることが多いので気を付けましょう。

 

 

>>研磨剤なしの安全なホワイトニング歯磨き粉はこちら